テレビで見た

降板代役に思う

『いだてん』最終回を観た。
最後まで、随所にくすぐりがあり、やっぱりクドカン脚本は面白かった。クドカンがタクシー運転手で出演していたのも大河では珍しいことではないか?

結局、チュートリアル徳井は最後まで出続けた。物理的に撮り直すことが不可能だから、可能な限り編集で工夫する、というのがNHKの言い分だった。
確かにスキャンダル発覚時の1,2週間は徳井出演シーンには不自然なつなぎ方が目立ち、対処してます感が伝わってきた。
しかし、ここ2,3回は特に徳井を作為的に削ったようには全く見えなかった。

ピエール瀧の時は、三宅弘城に交代する際にも、ほとんど混乱はなかったように見える。出演シーンがさほど多くなかったし、撮り直しの手間も知れていたからだろう。

大河ドラマの降板といえば『勝海舟』で、主役の渡哲也が病気のために降板し、松方弘樹にバトンタッチしたことが有名だ。これは健康問題だからやむをえなかった。

で、次回作『麒麟がくる』である。
沢尻エリカが降板し、代役として川口春奈が抜擢された。すでに10話近くまで撮影が進んでおり、 沢尻の出演シーンが多かったこともあり、途中まではそのまま放送するのではとの憶測報道もあった。それでええやん、と思った
しかしNHKは、放送開始を2週間遅らせ、沢尻の出演シーンはすべて撮り直すという方針を決めた。へんなの。

そんな、めんどくさくて非建設的なことをやるだけの確固たる方針があるのなら、徳井のシーンも全部撮り直すべきだったろう。放送は来年にまでずれ込むとかいうことになったかもしれないが、それもまたやむを得ない。

スキャンダルや事件当事者の取り扱いなど、しょせんはご都合主義で、その時の状況によって対応策が揺れ動くということなのだろう。
かつては、この手の事件が起きたときは「この番組を録画したのは~月~日です」とのテロップを流して、そのまま放送するのが常だったと思う。
それでええやん、と思う。

沢尻出演の『新宿スワン』が11月のチャンネルNECOの番組表には載っていたはずだが、差し替えられてしまっていた。
チャンネルNECOも日本映画専門チャンネルも現在「沢尻エリカ」で検索しても何もヒットしない。

これじゃあ、一点のシミもない白無垢の清潔人間以外認めない、硬直した潔癖社会にどんどん近づいている気がして、呼吸が苦しくなるんだよなあ。 スカパーお前もか、である。 『いだてん』最終回を観た。
最後まで、随所にくすぐりがあり、やっぱりクドカン脚本は面白かった。クドカンがタクシー運転手で出演していたのも大河では珍しいことではないか?

結局、チュートリアル徳井は最後まで出続けた。物理的に撮り直すことが不可能だから、可能な限り編集で工夫する、というのがNHKの言い分だった。
確かにスキャンダル発覚時の1,2週間は徳井出演シーンには不自然なつなぎ方が目立ち、対処してます感が伝わってきた。
しかし、ここ2,3回は特に徳井を作為的に削ったようには全く見えなかった。

ピエール瀧の時は、三宅弘城に交代する際にも、ほとんど混乱はなかったように見える。出演シーンがさほど多くなかったし、撮り直しの手間も知れていたからだろう。

大河ドラマの降板といえば『勝海舟』で、主役の渡哲也が病気のために降板し、松方弘樹にバトンタッチしたことが有名だ。これは健康問題だからやむをえなかった。

で、次回作『麒麟がくる』である。
沢尻エリカが降板し、代役として川口春奈が抜擢された。すでに10話近くまで撮影が進んでおり、 沢尻の出演シーンが多かったこともあり、途中まではそのまま放送するのではとの憶測報道もあった。それでええやん、と思った
しかしNHKは、放送開始を2週間遅らせ、沢尻の出演シーンはすべて撮り直すという方針を決めた。へんなの。

そんな、めんどくさくて非建設的なことをやるだけの確固たる方針があるのなら、徳井のシーンも全部撮り直すべきだったろう。放送は来年にまでずれ込むとかいうことになったかもしれないが、それもまたやむを得ない。

スキャンダルや事件当事者の取り扱いなど、しょせんはご都合主義で、その時の状況によって対応策が揺れ動くということなのだろう。
かつては、この手の事件が起きたときは「この番組を録画したのは~月~日です」とのテロップを流して、そのまま放送するのが常だったと思う。
それでええやん、と思う。

沢尻出演の『新宿スワン』が11月のチャンネルNECOの番組表には載っていたはずだが、差し替えられてしまっていた。
チャンネルNECOも日本映画専門チャンネルも、現在「沢尻エリカ」で検索しても何もヒットしない。
スカパーお前もか、である。

これじゃあ、一点のシミもない白無垢の清潔人間以外認めない、硬直した潔癖社会にどんどん近づいている気がして、呼吸が苦しくなるんだよなあ。