序の口経営者ってやつは

Oh!モーレツ

忙しい。
誰のせいでもない。自らまいた種、というか送信したメールの反響が思いのほか大きくて、この時間まで対応に追われている。忙しいのだが、それが全く嫌じゃない。 というより、むしろうれしい。
だから、反響の一つ一つに、できる限り丁寧に対応しようとするので、余計に時間がかかる。

顧客からの対応だけにこれほど没頭したのは一体何年ぶりだろう。
人間関係のいざこざやら、あれこれの来客やら、処理に困って回されてくる電話応対やら・・・。
オフィスにいると、作業中に割り込んでくる案件にも対応しなくてはならないから、長い時間一つことに没頭できるということはなかなかできないものである。

その点、自宅にこもっての作業ならば、たまに電話がかかってくるくらいで、集中した時間が長いこと確保できる。実に快適である。

せっかく半隠居状態になって、だ~らだらのぐーたら生活を満喫していたのに、これではまるで昭和のモーレツ社員(古いなあ)と変わらないではないか。
でも、嫌でやっているわけじゃないから、無理にやめる必要はない。心配しなくてもそのうち、また、ばったり暇になるだろう。 そういうことに関して、序の口経営者は鼻が利くのだ。

それまで、しばらくは、一生懸命仕事をする快感に身をゆだねることにする。
今日このあとも、20時から厄介な打ち合わせが待っているが、それもむしろ楽しみだ。
ぼちぼち準備にかかるとしよう。